青山外科 診療情報

医療法人青山外科TOP › 青山外科 診療情報

診療科目

整形外科 ›

青山外科院長は日本整形外科学会専門医であり、整形外科疾患の診断加療とリハビリテーションは、より専門的に医療を行っております。整形外科は人体の運動器である骨・関節・筋肉・神経などの病気や外傷を治療する診療科です。また、痛みのコントロールとして、ブロック注射や各種の投薬も患者様と相談し、施行しておりますので、持続する疼痛でお困りの際は、一度来院ください。
青山外科では以下について診察・治療しております。

  • 骨折
  • 脱臼
  • 打撲
  • 捻挫
  • 挫傷
  • 筋や腱の断裂損傷
  • 頚椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頚肩腕症候群
  • 五十肩(肩関節周囲炎)
  • 肩腱板損傷
  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
  • 野球肘
  • 腱鞘炎
  • ばね指(弾発指)
  • 手根管症候群
  • 変形性脊椎症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱側弯症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • ぎっくり腰(急性腰痛症)
  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • 膝靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッド・シュラッター病
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント症候群
  • 扁平足
  • 外反母趾
  • たこ(胼胝)
  • うおのめ(鶏眼)
  • 関節リウマチ
  • 痛風
  • 骨粗鬆症
  • スポーツ障害全般
  • 交通事故(むち打ち)
  • 労災事故の外傷

外科 ›

感染性アテロームの切開や陥入爪の切除、やけど(熱傷)の診断と治療、鼠径ヘルニアや虫垂炎、腹痛、痔や乳腺腫瘍の診断など一般外科として初期診断や加療を行っております。必要な時は専門医への紹介もいたします。

脳神経外科 ›

脳出血、くも膜下出血、急性及び慢性硬膜下血種、脳梗塞、偏頭痛、めまい、認知症などについてCTやMRIを中心とした画像診断と投薬を行います。必要な時は専門医への紹介もいたします。

皮膚科 ›

各部位の皮膚湿疹、アレルギー性皮膚炎、水虫(白癬)、あかぎれ、手荒れ、乾燥肌などの診断と処置、外用を中心とした投薬を行います。また、いぼ(疣贅)や、みずいぼ(伝染性軟属腫)の切除なども行っております。必要な場合は専門医への紹介もいたします。

泌尿器科 ›

過活動性膀胱、前立腺肥大、急性尿路感染症、尿路結石、血尿、性感染症などの検査と投薬を行います。必要な場合は専門医への紹介もいたします。

リハビリテーション科 ›

青山外科のリハビリテーション部門では、運動器の疾患・外傷、脳血管疾患における疼痛の軽減・除去、機能の回復・増進、スポーツ復帰、スポーツレベル・日常生活動作の向上をめざし、リハビリスタッフによる的確な評価と治療、指導を丁寧に行っております。
骨折・脱臼・打撲・捻挫・筋や靭帯断裂には、整形外科学に柔道整復学を加え、医師の指導のもとでレベルの高い整復・固定・後療法を行います。脊柱や骨盤(仙腸関節)には、運動学に基づいた単関節のアプローチ、筋・筋膜・腱などの軟部組織にはストレッチ、マッサージなどの手技によるアプローチを施行し、除痛と体のバランスを整え、姿勢などの指導を行い、治療と予防医学の両面から患者様をサポートし、患者様の健康寿命の延伸とクオリティ・オブ・ライフの向上を目指しています。

医療設備

デジタル超音波診断装置 写真

デジタル超音波診断装置

腹部検査(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓など)、表在検査(乳腺・甲状腺など)、心臓検査、血管検査などが行えます。
ドプラ機能により、血流の検査が行えます。

CT 写真

CT

輪切りの画像を16枚同時に撮影できるマルチスライス検出器を搭載、広い範囲を短い時間で撮影できます。

被ばく低減技術を搭載、低線量での撮影が可能です。

従来のCTに比べ撮影時間を大幅に短縮、患者さんの負担を低減しています。

MRI 写真

MRI

最新オープンMRI装置を完備しております。従来型MRIと比べ装置構造が開放性に優れ、閉塞感からくる苦痛を大幅に軽減しています。

レントゲン 写真

レントゲン

FCR(富士コンピューターラジオグラフィ)先進テクノロジーによる極めて高精度のX線画像診断システムを導入しております。コンピュータによる画像処理により安定し た鮮明な画像が得られます。

お問合せ先

0569-23-8101

診療時間

所在地

半田市青山2丁目21-10
名鉄河和線青山駅から徒歩5分